感性研究と私

(日本感性工学会誌「感性工学」2011年6月)

出会い
まずは私自身の紹介から始めることをお許しください。私と感性研究の出会いは、それほど昔ではありません。私自身の専門は、コミュニケーションの基礎を技術の立場から探ることで、もともとは情報理論を研究していました。いわば情報理論という数学的な方法論からのコミュニケーションの研究です。それが、今から約25年前、より自由な立場で人のコミュニケーションの本質を探ることに興味を持つようになりました。
 そのきっかけはテレビ電話の研究です。 Continue reading