二兎 2017.11.05-11.11

「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざがある。同時に二つのことをやろうとすると、結局はどちらも失敗する。成功するには一つに絞ったほうがいい。そういう意味だ。一方で一兔だけを追っていると、もっと素晴らしい兔が他にいても気づかない。どちらがいいのだろう。 Continue reading

先逝 2017.10.29-11.04

「先生」に対して「先死」という呼び方があるらしい。先に生まれた「先生」には、いろいろと教えてもらえる。先に亡くなる「先死」からは、それ以上に多くを学べるという意味だ。ただ「先死」は語感が強過ぎるので、ここではやわらげて「先逝」と呼ぶことにしよう。読みは「先生」と同じだ。 Continue reading

雑用 2017.10.22-10.28

おそらくすべての職業でそうであろうけれども、学術研究の世界でも、ある年齢になると雑用が多くなる。もっと研究の時間を確保したいのに、雑用に時間をとられてしまう。雑用とどのようにつきあったらいいのか。それは僕にとって永遠の課題だった。 Continue reading

三代目 2017.10.08-10.14

最近、三代目に関心がある。三代目と言っても、ダンス&ボーカルグループではない。もっと広く、たとえば、伝統芸能の世界の三代目、会社など組織の長の三代目、歴史に登場した三代目だ。初代、二代目と三代目は何が違うのか。 Continue reading