年賀状代わりの近況報告(2021)

年賀状代わりの近況報告です(2021年1月1日)

今年も何とか新しい年を迎えることができました。みなさまのおかげです。
お礼代わりに一年の報告をさせていただきます。

【後期高齢者となりました】
昨年9月の誕生日に晴れて後期高齢者になりました。この歳まで生きることはまったく想定していませんでした。これからの人生はすべて想定外です。

【ほとんど巣籠り状態でした】
ご承知のコロナ禍で、3月よりほとんど外出できない日が続きました。まずは3月にとりあえず一夜漬けでZoomを勉強して、4月に個人でも有料のZoomを契約して、巣籠り状態でもそれなりに生きることができる環境を作りました。それ以降の僕の活動はほとんどがオンラインになりました。

【HC塾はオンラインになってしまいました】
一昨年9月に100回を迎えたHC塾は、昨年の3月と4月は残念ながら休会でしたが、5月からオンラインで開いています。これとは別に通信教育の八洲学園大学の公開講座として、半年シリーズで月1回「横浜HC塾withライブ」をオンラインで開いています。これまでのHC塾で話した内容を、半年シリーズにまとめて話しています。
http://harashima-lab.jp/hc-school/

【つぶやきは形を変えて続けています】
10年前に前期高齢者になったときに始めたtwitterでのつぶやきは、後期高齢者となった昨年の2020年9月に一応の区切りとしました。代わって10月から顔の見えるつぶやきとして「土曜朝つぶやき塾(仮称)」を始めました。毎週土曜日朝10時から30分間Zoomでつぶやいています。
http://harashima-lab.jp/sat-morning-school/

【新刊の出版にもかかわりました】
監修ですが、昨年(2020年)の年末に「ビジュアル顔の大研究」を出版しました。5年前に日本顔学会設立20周年を記念して出版された「顔の百科事典」のビジュアル版です。
https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/?book_no=303950

【東大の任期は来る3月に終了します】
古希を過ぎて東大に戻って、特任教授として文系理系にまたがった全学の大学院共通講義を担当してきましたが、本年3月(2021年3月)に任期が終了します。学生時代も含めれば50年以上東大にお世話になりました。いよいよ卒業します。
http://utokyo-ep.jp/2020A/

【公的なお手伝いも少しだけ】
日本顔学会などのいくつかの学会、㈳情報通信技術委員会などのいくつかの法人の代表理事・理事・評議員、教育研究機関のアドバイザーなどを、時間と体力が許す限りお世話させていただいています。

【ついでに病気も】
コロナで外出ができない毎日が続きましたが、ちょうどその休まなければならないタイミングで病気を二つしました。一つは3月上旬に初めての強烈なぎっくり腰に襲われました。身体を垂直にしていられない毎日が続きました、その同じ3月末に高リスクの前立腺がんが見つかって、ホルモン療法を経て、9月に放射線照射をしました。その後は順調です。

【時間ができたので・・・】
というわけでおかげさまで自分自身の時間ができたので、出版のあてのない原稿執筆も少しずつ進めています。その一つがHC塾の講演録全十巻です。時間潰しにはなっていますが、壮大な計画ですので未完のまま終わりそうです。

今年こそみなさまにとっていい年になりますように。