自然体 2018.10.07-10.13

これも寄る年波がそうさせるのだろうか、最近、自然体で生きたいという気持ちが強くなった。これからは生きることも死ぬことも自然体だ。嫌なことを無理してするよりも、自然に面白いと思ったことに身をまかせたい。そして自然に一生を終わりたい。 Continue reading

夢の中の自分 2018.09.30-10.06

僕はよく夢を見る。そこにも自分がいる。どちらが本当なのか。いまは現実なのか、それとも夢の中なのか。それは哲学の大問題かもしれないけれども、最近思うようになった。夢の中にもう一人の自分がいるとしたら、僕は人生を2倍生きたことになる。それは儲けものだ。 Continue reading

受け売り 2018.09.23-09.29

僕が大学の講義で、あるいは講演会で話すことはすべて受け売りだけれども、受け売りという言葉自体にはマイナスイメージがある。生れたときは僕の知識はゼロだった。受け売りが悪いことだったら、教師という職業は成立しなくなる。なぜ受け売りがいけないのだろう。 Continue reading

義憤 2018.09.09-09.15

電車の中で、ある男性が独りで怒っていた。周りの人は関わらないようにしていたけれども、その内容は聞こえてくる。最近の世情への怒りであった。本人は正義感に燃えているのだろう。いわゆる義憤である。辞書によると「道義に外れたこと、不公正なことに対する憤り」とある。 Continue reading