誤差 2018.06.10-06.16

現代という時代は、なぜか数値が好きだ。数値にならないと信用できないと、数値信仰に近い考え方をする人もいる。ところが、その数値には必ず誤差がある。誤差を考えずに数値だけが一人歩きするとおかしなことになる。その危険性をどこまで自覚しているのか気になる。 Continue reading

評価嫌い 2018.05.27-06.02

僕は大学を定年後、組織に属さない人生を選んだ。ときどきなぜかと問われるけれども、いま思うと大学という組織に属していることが嫌になったのかもしれない。大学が、研究と教育そして運営、そのすべてにおいて評価漬けになっていたからだ。 Continue reading

評論家 2018.05.20-05.26

若いときにほとんど理解できなかった職業に評論家がある。他人が言うことを評論して何が面白いのかと思っていた。当時の僕にとって専門家とは評論される側であって、評論する側ではなかった。もともと僕は評論するよりも実行した方が早いと思う人間だったのかもしれない。 Continue reading