錯覚 2019.11.24-11.30

錯覚とは、感覚器に異常がないのにもかかわらず、実際とは異なる知覚を得てしまう現象を指す。矢印を逆にしたミュラー・リヤー錯視のように、それが間違いであることがわかっていても、そのように見えてしまう、あるいは思ってしまうのが錯覚だ。人はなぜ錯覚をするのだろう。 Continue reading

知即是空 2019.11.10-11.16

僕は長いこと大学にいたので、知の探求が職業だった。それは当然のことであったし、若い世代に知を伝えることは楽しかった。いまでもそれは変わらない。一方で「知即是空」、次第に知に実体があるのかと疑問を持つようになった。知が空しくなることも多くなった。 Continue reading

精神革命 2019.11.03-11.09

中国には老子と釈迦を同一人物とする言い伝えがある。老子化胡説という。老子は西方の関所をこえて姿を隠している。実はその後にさらに西方の未開地(胡)に行って釈迦となったとする説だ。確かに老子も釈迦も同時代だ。それは偶然なのか、それとも特別な意味があるのだろうか。 Continue reading